鰯つみれの豆乳鍋   

c0043094_20561976.jpg





[材 料]
鰯すり身  約100g
塩      少々
酒      少々
味噌     少量
卵白     一個分
生姜     ひとかけ
ネギ     適当

鶏肉骨付きぶつ切り
昆布出汁
豆乳

基本のお野菜
豆腐
シラタキ等

[作り方]
①いわしのすり身に酒・塩・味噌を加え、卵白と併せてよく混ぜる。
②鍋に昆布出汁をはり、骨付き鶏肉を入れて出汁にする。
③つみれを成型しながら鍋に投入、アクを取りながらおおよそ火を通す。
④豆腐やその他の野菜などを鍋に入れていく。
c0043094_215138.jpg
⑤おおよそ火が通ったところで豆乳を投入。
⑥ポン酢でいただく。

[メ モ]
◆花園では鰯のすり身が100gだろうと300gだろうと、入れる卵白の量は1コ分なのだが、卵白の割合が多ければ多いほどふわふわに仕上がり、その食感が病み付きになる。
しかし、とっても崩れやすいので乱暴モノがいる時にはちょっと不向きかも…。
◆鶏肉は、お出汁を美味しくするためにちょっと入れてみるだけなので、つみれの量が多いときには必要ない。
c0043094_21132872.jpg◆このお鍋にお豆腐は、是非入れていただきたい。しかも、温まったらすぐに出すのではなく、じっくりとお出汁のうま味を吸わせてからいただくのが良い。
◆今回はほぼ炊き上がってから仕上げに投入を投入してみたが、やはり豆乳が入ると全体の味がまろやかになるカンジ。お好みで、仕上げにちろっとどうぞ。
◆ジツは、今回のつみれは生姜が切れてて生姜ナシだったのだが、お酒を多い目に入れてお味噌でコクをつけたせいか、臭みは全く感じなかった。鰯に生姜はつき物だと思っていたが、ないのもケッコウ美味しいかも…。
[PR]

by barazono | 2006-10-25 21:19 | 【家食】鍋は料理?

<< 牡蠣と水菜の和風スパゲッティーニ 豚肉の豆乳鍋 >>