「ほっ」と。キャンペーン

【懐石】2007.10.21 吉左右 (愛媛県八幡浜市)   

住宅街の中に溶け込んで、明かりが付いていなければそれとはわかりにくい吉左右は、創作日本料理を看板に掲げた店である。
店内は、さして広いわけではなく、カウンター席と座敷が3つ。
板場には大将が1人で立っていた。
c0043094_22343262.jpg
このお店はコースのみで、メニューは月替わりとなっているらしい。
今日は3800円のコースをチョイス



c0043094_22425028.jpg
初めてのお店なので、5000円出してコケてしまうとちょ~悲しいことになってしまうからだ。

まずはじめに食前酒。
ノンアルコールだという。
ちょっと苦味のあるあまい炭酸ジュースだった。
なんだか分りかねたので尋ねてみたところ、“石榴とレモンのジュースです”との答え。
なるほど、グレナデンシロップにレモンシロップを混ぜたのね…。

まず最初のお料理は、柿の白和え。
c0043094_22464945.jpg
柿とイカの白和えなのだが、お豆腐にしっかり味が入っていて、ちょっと味が濃いような気がしないでもないが、悪くない。

次に土瓶蒸し。
c0043094_2249163.jpg
造りが先だろうという気がしないでもないが、これもなかなかいいお味。
中身は鱧・海老(冷凍)・鶏肉とカナダ産?みたいなカンジの松茸。
好みとしては、鶏肉はない方がいいが、しかしそれは好みだし…。

造りは鯛・鰺・鮪の三種盛り。
c0043094_22524586.jpg
こんなカンジだろう。

最初、揚げだし餅?と思った一品(笑)。
c0043094_22543716.jpg
食べてみると、白い方はたいそう柔らかい。
なんぢゃこりゃ…もしかして、胡麻豆腐?
ふっと、鼻腔の奥に抜けて行った胡麻の香りに、そう直感する。
胡麻豆腐の揚げだしは、初めてであるが、なんともかんとも、いや、よろしいのではございませんでしょうか。
とろんとした食感が、病みつきになりそうである。
もう一方の粟麩を揚げたのかと思った色のついた方は、ふわふわの松風。
これもまた、よろしいのではございませんでしょうか。
いや、これはちょっと、なかなか面白い料理だワン。

焼肴は鮭の明太子ソース。
c0043094_22594199.jpg
鮭は、皮を取らなくてもいいのに…。
もう少し、レアっぽく焼いてくれてもいいのに…。
それよりなにより、マヨネーズに明太子混ぜたら料理になるんか?
…と思ってしまったのだが、それも、ワタシがマヨネーズはお好み焼きに付けて食べるくらいなもんだと思っているから。
でも、そんな、マヨネーズなんて…OKなのだろうか…。

天婦羅は、海老と小芋の磯辺揚げ。
c0043094_2331580.jpg
地物の小海老と、甘い目に焚いた小芋を荒くたたいて海苔に巻き、天ぷらにしたもの。
山椒の入ったお塩でいただく。
小芋はねっとりとキメが細かく、ああ、秋だわ~と感じさせる。
これは、好きだ。

ちょっと酸味の入った琥珀餡をまとったホタテ入りの蓮根蒸し。
c0043094_2373361.jpg
料理をいただきながら、板場のほうからなにやらシャカシャカシャカシャカ摩り下ろしているような音が聞こえていると思っていたのだ。
ねっとりとした蓮根が、これまた今が旬です!と告げている…。
餡にお酢を入れているのは、酢のものに当たるからか。
ちょっと、醤油が勝った気もするが、それも好みがあることだし…。

最後にごはんと、デザートのアイスクリーム。c0043094_23131298.jpgc0043094_23133155.jpg











瓜の漬物がパリパリとしていて美味しい。
お味噌汁はあさり入り、ちょっと山椒をふっている。
ご飯は炊きたて、今お釜が切れました!という風情。
ユカリがかかっているが、これはなくてもいいかも。

本日一番いただけなかったのがこのアイスクリーム。
香料たっぷり、着色料使ってます! 増粘多糖剤入れまくり!みたいな、出来合いのイチゴアイス。
これだったら、ブドウ2粒の方が好感が持てるというものだ。

総評すると、味付けはちょっと辛めだが、きちんと料理をしているなかなか好感が持てるお店。
コース単価が3800円と高くはないので、高級な食材は入ってない分、それなりではあるのだが、季節の材料をよく工夫していると思う。
何より、意外性のある胡麻豆腐の揚げだしに遭遇したところがポイント高し!
料理が出てくるまでかなり待ったが、後から大将が、「予約制というわけではないんですが、予約を入れていただいておくと、下準備をしておきますから、そんなにお待たせしないで料理がだせますから…。」と言ってらした。
確かに、お客さんが来ないかもしれないのに、ロスが出るような商売したんぢゃ、環境にもよろしくございません。
ということで、次は予約してから行くことにしよう。

吉左右
八幡浜市保内町川之石1-56-3
0894-36-0988

c0043094_2243330.gif
美味しそう!と思ったら、ポチッとお願いします。

[PR]

by barazono | 2007-10-21 23:36 | 【外食】日本料理~会席・懐石~

<< 【昼懐石】2007.10.31... 【スィーツ】2007.10.2... >>