【パスタ】でゅえっと 八幡浜店   


日本には、イタリア料理の中のそれとはまた違ったカテゴリーとして理解するべき“スパゲッティ”という料理があると思う。
今日行ったでゅえっとは、その松山における嚆矢ともいうべき存在で、ムカシはよく行ったものだ。
c0043094_06102.jpg

かなりアマアマのミートソースに常習性があり、また、ビープストロガノフはワタシにサワークリームというものの存在を知らしめた記念すべき一品で、それなりに思い出がある店なのである。
…最近、トンとご無沙汰しているのだが。

そのでゅえっと、このあたりにも最近2店舗ほど支店をだしたようで、なんとはなしに気になってはいたのだが、わざわざ行くのも…と思いつつ、今日、ひょんなことから八幡浜店でランチを取ることになった。
さて、〇十年越しのそのお味は、吉と出るが凶と出るか…。



お昼のメニューは日替わりセットメニュー980円とパスタ単品並940円/小780円。
セットには少ない目のパスタ等にサラダ・デザート・ドリンクが付く。
ハンバーグのようなものもあり、それに付いていた山盛りライスには、思わずあんぐり…(笑)
単品も、普通サイズはすこぶる多い。
昔は少ない目というのがなかったのだが、これも時代の流れだろうか…。
ちなみに、単品で注文しても山盛りキャベツにポテトサラダ付のサラダがついている。

本日のパスタからクリームミートスパゲッティとピッツァ・マルゲリータ。
c0043094_0223476.jpg
クリームミートソースは、元のソースがアマアマなので、アマアマこってり予想通りの味。
マルゲリーリータは、トマトケチャップの上に乾燥バジルを振りかけてチーズを載せた感じ。
後のことを思えば、ここまではまだ無難なところ、というカンジだろうか。

これまた本日のパスタからサーモンとたらこのスパゲッティ。
c0043094_026638.jpg
サーモンとたらこのスパゲッティと聞いて、誰がこのようなベーコン山盛りのものが出てくると思うだろう…。
注文したMさん、お肉が食べられない人だけに、かなり悲惨。。。
たらこの臭みと油のギトギト感全開の一品。

これも本日のパスタからベーコンと水菜のスパゲッティ。
c0043094_0293722.jpg
こんなスパゲッティを出す店が、表にトリコロールを掲げるのはハンソクだと思う。


このお店、日本にアルデンテという言葉が入ってくる150年くらい前からスパゲッティを売っているんぢゃないかと思うようなところなので、そこにはモチロン、アルデンテという概念は存在しない。
それでも、ゆでたてだとまだなんとかなると思うのだ。
芯が無くなるまでしっかりと茹でて、それをフライパンの上でさっと炒め直して出したカンジのノビノビ感、まさに、日本の“スパゲッティ”とは、かくなるものであろう。
しかし、茹でておいて炒めてホントに温まりきっていない、もしくは大量に作り置きして生暖かい状態で出してくるというのは、かなり減点対象。
それに目をつぶったとしても、日替わりパスタ2品は…ありえない・・・(笑)
今日び、おウチごはんのパスタの方がみなさん美味しいものを召し上がってらしてよ!というカンジ。
プロのオシゴトぢゃ~ございませんわ。

デザートは、キャラメルタルト。チーズケーキ・レアチーズケーキ・マンゴーのムース等、10種類くらいの中から選べる。
コーヒーもそれなりに美味しくいただける。
なので、もう少しパスタがんばろうよ。

なんとも複雑な思いで、店を後にしたワタシたっだ…。
[PR]

by barazono | 2008-03-05 23:55 | 【外食】日本料理~いわゆる洋食~

<< 【昼懐石】春を感じて…? イカとアジの漁村風 >>